無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい歴史の幕開け!
平成25年度が幕開けしましたね!

京消は"今年も"人事異動の記者発表をしていないので隊員さんが
どう動いたのかが分からず困っています(泣)
他の部局は開示しているのに何でなのでしょうかね~笑

それは置いといて、新しく配備された車両の紹介です!
まずは昨日から運用が開始になった車両を紹介します!

まずは、救急隊専用出張所、二か所目である救急寺町1です。
コールサインの通り、中京消防署寺町消防出張所に新たに中京第3救急隊として配備されました
これで繁華街の救急事案にもより迅速に対応できますね。

歴史の幕開け201303

お伺いした時はちょうど大交代の真っ最中という最悪のタイミングだったので
落ち着くまで待機後、許可を得て撮影させて頂きました。
まさにこれから業務開始を物語るかのように車内の装備や隊長バッグ?の中身の点検や
準備作業に追われておられました。

救急隊が配備されたということで車庫の奥にはプレハブ製と思われる消毒室らしき建物が
設置されていました。

この建物実は厄介者だったそうです。
というのも、救急車と救助工作車では当然車両の大きさが違います。

というわけで、詳細はよくわからないのですが、設置後は車両がガレージ内に収まりきらない
というトラブルが発生していたそうです。

救急隊が配備された今となってはもう気にする必要のないことですが(笑)

歴史の幕開け201302

歴史の幕開け201301

で、押し出された救助工作車はどこに行ったのかというと・・・!

歴史の幕開け201304

そう、左京消防署岡崎消防出張所です!
従来の配置は、左京第4消防隊・小型ポンプ車(左京4)、左京第5消防隊・化学車(左京504)、
左京第2救急隊(救急岡崎1)の計3隊でした。

当然この車庫の中にこれ以上の車両が入るわけがありません。

というわけで、化学車(左京504)が右京消防署梅津消防出張所に配置換えになり
元右京404が押し出される形で廃車になったそうです。

偶然にもちょうど更新のタイミングでもあったので車両・配備先ともに新「中部救助隊」の幕開けです!笑
歴史の幕開け201312
歴史の幕開け201311
歴史の幕開け201305
歴史の幕開け201306

そして、左京4がどうなるのかこれが一番の謎でしたがトンデモナイ
ことになっていました!
歴史の幕開け201307


というのも、左京4は昨年4月に配備されたばかりの小型ポンプ車(水槽付きCD-I)です。
救助工作車がメインの救助隊が使うには正直もったいないです。

ここからは重要ですよ!

お話を聞いていると、「救助ポンプ車」という区分を新たに設けて救助隊が運用するそうです。
歴史の幕開け201308

救助隊は救助事故はもちろんのこと、火災にも出動します。
当然狭隘な道路もありますし、筒先の確保も必須になります。

ということで、災害種別や規模に応じて"隊長や隊員の判断"で車両を乗り換え運用するそうです。
たとえば、普通建物火災で最先着ならポンプ車で水利部署するなんてこともありえるそうです。
歴史の幕開け201309

でも、そうなると二つ折りばしごでは少し厳しい面もありますよね。
というわけで艤装メーカーに三連はしごが載せられるように追加改造を依頼したそうです。
およそ3週間の入庫を終え次第、救助ポンプ車を運用するとのことでした。

コールサインについてはまだ不明とのことでしたので、正式運用開始後に調査の必要があります。
それまでの間は左京消防署にある非常用ポンプ車で代用するそうです。

災害指令時には本来の「救助工作車」と乗り換え車両である「救助ポンプ車」
の両方に指令を出して、どちらが出動してもいいようにするとのことでした。

まだ続きます(笑)
以前の中部救助隊のときを少し思い出してください。

寺町消防出張所に水難用のボートってありましたっけ?

なかったですよね。
そう、中京本署の非常用ポンプ車に無理やりくくりつけて第一消防隊が搬送していましたよね。

ということでそのこともお伺いしたのですが、どうやらまだどうなるのか決まっていないようです

というのも、2台とも天井に三連ばしごがあるが故に天井にボートを乗せてしまうと
三連はしごを下せなくなってしまうんです。

これでは救助活動に相当な影響を与えかねません。
以前のように第一消防隊に搬送を依頼するのかそれとも・・・毎回積み下ろしするのか・・・
気になるところです。

このことだけを見れば東京消防庁のよう資機材庫の中に収納するのが一番理想形ですね・・・。
風雨からも守れますし、積み下ろしも楽ですし。
京消の場合は、動ポンを後部に設置しているので絶対無理ですが・・・。

そうそう、中部救助隊が異動したことに伴って中京第1消防隊が兼任救助隊に、
左京第1消防隊が専任ポンプ隊に変更となるようです。

近日中にこの4月に新しく配備された車両について振り返るつもりでいます。
ご期待ください!

歴史の幕開け201310
関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/03(Wed) 23:33 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/06(Sat) 12:36 |  |  | 【編集
写真を見ると救急車でもガレージいっぱいなのに,よく救助工作車が入っていたものだと感心します。
救助ポンプ車には確か水槽をつんでませんでしたか。火災救助活動に水は絶対必要ですからね。
2013/04/09(Tue) 21:31 | URL | 見守り隊 | 【編集
>見守り隊 様

車両更新前に見収めにと寄せてもらったのですが本当にギリギリでした。
これも厳しい運転員試験をクリアーされた運転員の方の腕があったからこそできた技だと思います。
はい、積んでいました。確か600Lだったと記憶しています。
強行検索をされるにしても筒先で注水をしなければ危ないですよね。
2013/04/11(Thu) 21:20 | URL | デジタル人間 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。