無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やりすぎなのでは・・・!?
何がやりすぎなのかというと・・・
この入札案件です。

仕様書をみる(もう間もなく見れなくなります)

入札結果をみる

そう、子供用消防車両の入札です。

落札価格(税抜き)はなんと¥2,399,000円!!

あの・・・桁間違えていませんよね!?(笑)
予算の使い道を間違えているような気も・・・(^^;。

本題に行く前に一言だけ愚痴を(笑)
入札結果のページを見られて落札者が気になられた方もおられるでしょう。

そうなんです、落札したのは消防艤装メーカーではなく、ごくごく普通の自動車整備会社です。
しかも入札業者自体が1社なので独占状態です。

はたしてきちんとした車両に仕上がるのでしょうか・・・。
一般車を整備するノウハウはあっても、こういう特殊な車両を"製作"する
ノウハウを持っているのでしょうかね?(苦笑)

モリタを筆頭にした大手に落札してもらうことは重々厚かましいのは承知していますが、
個人的にはノウハウのあるメーカーに落札してもらいたかったです(涙)

中間検査や完成検査があるので変なものには仕上がらないとは思いますが・・・。

おっと、一言だけのつもりが長くなってしまいました(汗)
というわけで気を取り直して本題に(笑)
仕様書を読んでみるとまぁ・・・素晴らしいですね(笑)
ゴルフカートをベースに走行はもちろんのこと放水器材一式、回転灯、
サイレンなど本物さながらの豪華さぶりです。

それもそのはずです。
仕様書の中で京都消防が保有している日野デュトロのCD-1に
外観を近づけるようにすることが明記されていました。
(単に赤く塗ったゴルフカートならこんなに高くないか(笑))

いろいろと気になったので調べてみました。

まずはベースとなるゴルフカートの情報。
仕様書の中で例としてあげられていたヤマハの「G31EP」をみると
結構しっかりした作りのようです。

ここからカタログを見れます。

これだけの大きさなら今までの子供用消防車がかわいく見えそうです(笑)

ちなみに今までの消防車両はこんな感じ。
伏見消防署と下京消防署がそれぞれ保有しているものだと思われます。
20121129子供用01

20121129子供用02

類似の車両がいないかについても探してみました。
探せば意外とあるもんなんですね。

消防グッズでおなじみシグナル社でも特集が組まれていました。

こんな記事もありましたよ!

そして、気になるのが納入期限。
出初式に間に合うのかな~と思っていたら・・・3月初旬!!
ひと月そこらで制作できるわけがないですよね(笑)

同じ作るのなら出初式に間に合うようにすればいいのに・・・もったいない。
ということで市民へのお披露目は早くても来年4月以降となりそうです。

やっぱり気になるのが配備先、いや保管場所(笑)
各本署にはさっきのようなの子供用車両があるので、
この車両は局付の扱いになりそうな気がします。

普段は局(多分、活動センター)が管理して、
必要に応じて署所に貸し出すという使い方をするような気がしています。

さすがにこの車は公道を走行できないのでどうやらこのトラックに乗せて搬送するようです。
積み込みに必要なスロープも一緒に調達するようです。

20121129子供用03

それにしてもこれだけの予算をかけて子供用の消防車両を作るべきなのでしょうかね?
これだけ本格的ならたとえ一時的にでも興味を持ってもらえるのは間違いなしですが、
どうなんでしょうね。

住宅用火災警報器やAEDをアピールするにしても大人がイベントスペースに来なければ
意味がないので、人を集める材料としてはばっちりなきもしたり(笑)
子供に人気が高そうな分、撮影は困難さを増しそうですが(泣)


っと普通のブログならここでおしまいなのですが!

デジタル人間的にはこの車両を京都消防図鑑システムに登録するかどうかを絶賛思案中です(爆)
もちろん、参考資料として撮影自体は見かければどんどんしていくつもりです。

というのも、公道を走る車両ではないですし、
資機材の一環としてとらえるのならばシステムには登録せずに
画像データだけの管理でもいいなぁ・・・と思ったりもしています(笑)

また、ネックになるのが車両の登録区分です。

現行のシステムでは、車両の種別ごと(CD-1・CD-2・救助工作車など)と分けているのですが、
この車両をどこに登録するのかだけでも悩みます(笑)

候補としてあげるのなら、消防局扱いか、特殊車両(放水放車や大量送水工作車を登録)
のどちらかですね・・・。

「その他」扱いで新たに登録区分を作ってもいいのですが、
増える保証もないのに立ち上げるのも考え物ですしね・・・。

さて、どうしましょうかね(笑)
ご意見をお聞かせください!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
こんばんは
いやあ、やりますね~ww
こんなものにこんな金額とは・・・流石は大都市消防ですね^^

このような前例のない車両を登録するのは難しいですよね・・・。
各署に配備されている子供用消防車と同様の扱いでよろしいのではないでしょうか。

今後増えるのであれば別でしょうが・・・
2012/11/29(Thu) 20:40 | URL | 中央救助1 | 【編集
>中央救助1様
いやいや、ここまで予算をかけるとは正直驚かされました。

なるほど。
ありがとうございます!
今後増えることは・・・ないと思いますw
2012/12/11(Tue) 18:50 | URL | デジタル人間 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。