無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクープ!?
まずは台風12号によって被害を受けた和歌山県に京都消防から応援部隊が派遣されたようです。
支援車に引き続き配備早々にあたご号が府外へ派遣されるとは・・・・
詳細はこちらからどうぞ

そして、ツイッターでも速報したとおり、謎の二輪車の入札が出ていました。
配備先はもちろんのこと、使用目的や運用する部隊など謎のベールに包まれている車両です。
が、仕様書を見る限り資器材スペースを確保しているのでAEDやインパルスなどの資器材を積載するのだと思います。

私個人の推測は、高速道路に出動する署所や狭隘な道路のある署所へ配備をされるのではないかぁなと思っています
また、専用の部隊を設けるのではなく、乗り換え運用で災害規模に応じて一人が二輪車で、残りの四人が通常の車両で出動し情報収集や初期対応に当たらせるのではないかと思っています。

どのような仕上がりになるのかが楽しみですね!
詳細はこちらからどうぞ

そしておそらくスクープであろう情報を入手しました!
総務省消防庁の入札情報を久々に見たところ気になる車両の入札があったのでよく見てみると・・・
総務省消防庁から新たに「都道府県指揮隊車」という車両が全国に配備される模様です。

詳細はこちらからどうぞ(PDFファイルにリンクします)

気になったので関連する資料がないか調べたところこんな資料を見つけました。
その資料がこれです。(PDFファイルにリンクします)

この資料中にある「資料3-2」のリンク先にあるPDFファイルをよく見てみると
「情報通信機能が使用できる作戦本部機能を有した車両の配備運用について検討が必要。」との方向性が示されています。

つまりこの都道府県指揮隊車配備のきっかけは東日本大震災で緊急消防援助隊として実践運用し
浮上した問題を解決するために配備されたと考えてよさそうです。

各都道府県に一台の配備とのことなので京都府は当然のことながら京都市に配備されると推測して間違いないだろうと思います。

と文字ばっかりで終わるのも寂しいので久々に取材に行ってきた写真を載せておきますね。

これは先日救急の日イベントの一環でJR二条駅前で行われた時の写真です。
この救急車は中京消防署の非常用救急車です。
学生サポーターの方も3名来られており心臓マッサージの指導を熱心にされていました。

僕も久々にやってみましたが、意外とリズムや押す力って覚えているものなんですね。
丁度いい塩梅で心マができていたとのお褒めの言葉をいただいたので安心して帰ってきました!

JR二条駅2011091001

JR二条駅2011091002

JR二条駅2011091003

JR二条駅2011091004




関連記事
スポンサーサイト
コメント
謎の二輪車。自転車的なアレですね、わかります。

心マは難しいよな~アレをこうしてソレだから。あ、ちなみにハムスターの心マは得意分野です。飼ってたハムスター、姉貴と三回死の淵から呼び戻したYO
2011/09/16(Fri) 12:03 | URL | きむ×2 | 【編集
きむ×2
分かるのか怪しいなぁww

心マなんて人形ではできても、いざ人にやるとなったらためらうだろうなぁ・・・
そうなんだ!GJ!
2011/09/22(Thu) 20:26 | URL | デジタル人間 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。